コラム

【スタートアップ用語解説】ブロックチェーンとは?

本日は「スタートアップ用語解説」をお届けします。


ブロックチェーン

【ぶろっく・ちぇーん】 blockchain


最近、フィンテック(Fintech)やビットコイン(Bitcoin)に関連して、よくこのブロックチェーンという言葉を耳にするにようになってきました。

巷では、「IR情報に、この言葉を入れておくと株価が上がる…」なんて噂もありますが、名称だけが先行してしまい、実際の意味や内容が追いついていないような気がします。

VentureClip#では、このブロックチェーンについて、改めて解説させて頂きます。

ブロックチェーンとは、分散型ネットワークのこと

 

以前に「BitTorrent」などで流行したP2Pネットワークに近いものがあります。
一つの固定したPCにデータを置くのではなく、世界中に点在するPCに細かいデータを置くことで、ネットワークを作り、壊れないようにする技術のことです。

それぞれの点在するパソコンにデータがあるので、一つのPCが壊れても、お互いのデータを補完することができます。ブロックチェーンは「複製しながら復活する」をことができるため、このように補完できるように仕組みづくりがされています。

そのため、データを保持する全てのPCを壊さなければ止めることができず、地球全体を壊滅させるほどの隕石が降ってくるか、全世界のPCが同時に破壊されてしまうほどの大規模な災害が起きない限り、動き続けます。

また、一般的なシステムの場合は、中央集権型であり、「誰かが認証・承認する」といった行為や、「管理者権限を使って処理する」ということが必要となります。しかしながら、ブロックチェーンはお互いがお互いを監視するシステムになっているため、こういった中央集権が必要なくなるのです。

もっと簡単に言うと…

通常、ICOCAやEdyなどの電子マネーは「お金をチャージ」した段階で、「チャージした」という記録が中央集権のコンピュータの中に記録されます。その先、駅の改札を通るときやコンビニで何か物を買うときは、中央集権のコンピュータに「いくらのチャージが残っているか」を確認して、決済がされます。

けれども、ブロックチェーンでは、「いくらチャージが残っているか」という情報が、全世界の各PCに分散されているため、どこかで嘘の情報を流しても、全世界から照合するので嘘がバレてしまいます。そういった方式で、「情報・データの正確性」をを担保しているのです。