イベント ニュース

クロスメディアイベント「078」が神戸で初開催

2017年5月6日からの2日間、音楽・映画・IT・食・ファッションなど、さまざまな領域を掛け合わせたクロスメディアイベント「078(ゼロ・ナナ・ハチ)」が、東遊園地・みなとのもり公園・三宮センター街・デザインクリエイティブセンター神戸などを中心に開催されました。まち全体を使った滞在型イベントにより、従来の神戸観光の問題点であった通過型観光から滞在型観光への変質を図るとともに、若者の集積とその力を活用した社会人口増を実現するのがねらいです。

「078」は、「若者に選ばれ、誰もが活躍するまち」神戸を実現するため、魅力と活力あふれる都市として発展する神戸を発信するための新たなクロスメディアイベント。市民、クリエイター、エンジニアが集い、交流することで作り上げられる参加型フェスティバルです。神戸の市外局番である「078」には、神戸を代表するイベントに成長させていきたいという思いが込められています。

これまでの「神戸」への固定化したイメージを覆すため、インディーズ文化をベースに、音楽・映画・ITなどを盛り込んだ新しい文化を発信し、新たな神戸創生に向けてのブランディングを行うのが目的です。みなとのもり公園では、2日間にわたり、野外映画祭、野外ロックフェス、DJイベントが開催されました。さらに東遊園地では、ジャズの街神戸推進協議会と連携したジャズライブ、神戸国際フルート音楽祭と連携した吹奏楽コンサートも行われるなど、当日は盛況を迎えました。

東遊園地では、神戸芸術工科大学映画コースによる展示・上映会や、映画監督篠原 哲雄氏・石井 岳龍氏・田中 まこ氏によるトークイベントが開催されました。6日の夕方からは、神戸フィルムオフィス支援作品や神戸がロケ地の作品、神戸にゆかりのある監督作品など4本が野外上映されました。

デザイン・クリエイティブセンター神戸では、「神戸ITフェスティバル」が開催され、IT関係企業・団体のブース展示やカンファレンスが行われました。子ども向けのプログラミング教室やものづくり体験などの企画もあり、大人から子どもまで楽しめるイベントとなりました。

6日に開催された「ファーマーズマーケット」は、神戸市各地から集まった生産者との会話を楽しみながら、良質な食材の買い物ができるマーケット。地産地消を応援する朝ごはんや軽食も販売されました。夜は三宮センター街にて「ヨルバル」が行われ、780円で地元神戸の食材を使ったメニューを楽しめるプレートを提供。三宮センター街の夜の魅力を体感できる「ヨルバル」には、多くの人が訪れました。

今年初開催となった「078」のメイン3会場(東遊園地、みなとのもり公園、デザイン・クリエイティブセンター神戸)には、2日間で36,500人が参加しました。078実行委員会によると、神戸といえば「078」と認知されるようなイベントに向けて育てていきたいとのこと。市民からは、来年の開催も熱望されています。