ニュース

2016年版中小企業白書が発表されました

先日、経済産業省中小企業庁より、最近の中小企業や小規模事業者の情報をまとめた「2016年版中小企業白書」が発表されました。

http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/

2003年の会社法改正以降、資本金1円で株式会社を設立することが可能となり、全国的にいわゆる「起業」ブームが起こりました。登記のハードルをできるだけ減らし、会社の創業数を増やという目的の元に実施されたものですが、法人銀行口座の審査が通りづらい、などということもあり、ある程度の資本金額を用意して、起業するというスタートアップが増えつつあります。

日本全国の事業者の数を見てみると、一年あたりで小規模事業者が約9.1万社が減少しているようです。ここ近年では、「創業」という言葉と、「事業継承」や「第二創業」といった言葉をよく耳にするようになったのも、このあたりが関連しているようです。

また、エリア別の起業数・廃業数や、最近の動向なども詳しく掲載されておりますので、一度、チェックしてみては如何でしょうか。